冷え性改善するには日ごろの努力が必要

冷え性になると体は特に寒いと感じていないのに手足だけが冷たかったりするものです。そしてそれは寒い冬だけでなく、一日中エアコンの効いている部屋にいるような夏も同じです。冷え性になってくると寝てもだるかったり、便秘にもなるものです。

暑い日が増えてくると体調管理のためにも夏バテ防止は大事です。体がエアコンで冷えないように環境つくりももちろん大事ですが、基本は食事の管理です。

夏を乗り越えていける体を作るためにも食事による管理は大切です。夏は食事に対しての意識を深めるためにもいい季節といえます。積極的に冷え改善にいいものを考えていきましょう。そして手軽に摂取できるものがいいでしょう。おすすめはショウガや、体を温める作用のある大根やニンジンなどの根菜系の野菜です。

また、秋冬になって寒いと感じる時間が増えてくると、冷え対策のために暖房器具のことも気になってきます。石油が必要なヒーター、ストーブは石油の入れ替えが面倒ですし、また空気も汚れます。ですから電気ストーブが便利ですが、気になってくるのは電気代です。ですから腹巻やヒートテックの肌着なども着て、温かい衣服と一緒に使って冷え対策をしていくと良いものです。

そして冬の家事でつらいのは、冷たい水を使った手作業です。洗い物はもちろん、お料理まで毎日行うことによって手が荒れてしまい、冷えだけでなく手のガサガサに悩まされている人は多いでしょう。

また、水仕事でなくても、紙に多く触れたりすることが多い事務作業でも手の油分が取られますので、手荒れになってしまうことがあるでしょう。ですからそんな手先を守ってくれるものとして手袋なども家にいる時からしておくと良いです。手先の冷え改善にもなります。

また、靴下も同様です。家にいる時、フローリングであれば底冷えしてしまうことも多いので、靴下を履いて底冷えしないようにもしていくと良いでしょう。手足が温まるだけでも冷え症改善になります。

冷え症改善についてはこちら冷え性改善・対策がわかる冷え性改善手帖を御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です