寝ていても冷えて起きてしまうので対策をしてみました。

体の冷えがとても酷く、眠っていても寒くなって起きてしまって、起きてしまったらもう、冷えた体はなかなか暖まらずに、もう眠れない。
慢性的な寝不足と、疲労感でとてもつらい毎日でした。

起きてる時は、体を動かしたり、冬は暖房器具の前から動かないとか、なんとか乗り切れるのですが、眠ってる時に冷えていってしまう体はなんとも仕様が無く、毎日どうしたものかと考える日々でした。
電気毛布を使用しても、抜本的な改善にはならないし、疲労感は変わらずありました。

やはり、人工的はものは体に良くないと確信して、この先のためにも、なんとか自然の力でこの夜の冷えをなんとか出来ないものかと思案しました。
とはいえ、基礎体温をすぐにあげる体質改善はなかなか難しいですが、改善のためにはやるしかありませんので、体温が上がりそうなことを始めました。

乾燥しょうがを取り入れます。
美味しいし、なんだか、体もポカポカしてきました。
ここまで冷えるとお風呂は上がった側から体が冷えていきます。
運動をしてみますが、直ぐに効果はでませんので、とにかく夜、直ぐに暖かく眠るためには、やはり、寝具とパジャマをかえてみました。
真夏以外は冷えて眠れませんので、秋に使うのもどうなのかと思いながら、思い切って、春も秋も寝具は、少し高級な羽毛布団にしました。
すると、電気毛布なしでもなんとか、朝まで布団に入ってられるようになりました。
ただ、眠る時と、やはり、夜中に冷えて起きてしまうのさ変わらなかったので、湯たんぽを使うことにしてみました。眠る時も暖まり、スムーズに睡眠にはいれるようになりました。
夜中に起きてしまった時は、足が暖かいので寝付けないほどではなくなりました。
起きてしまうことに対しては、今度は肩が冷えるようでしたので、少し厚手のパジャマに変えることで、ブルブル震えて起きるということがなくなりました。

生姜と運動続け、真冬には、羽毛布団を思い切って2枚にして、冷え性の夜中に備えたいと思いますが、湯たんぽが思った以上に効果がありましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です