優秀な腹巻&レッグウォーマーと漢方薬で冷えを改善

軽い冷え性に悩んでいるけれど、積極的に対策をしているわけではない…そんな女性は多いのではないでしょうか。
私もそのひとりでした。
冷えを感じるようになったのは二十歳を過ぎた頃からで、寒くなってくると足先が冷えてなかなか暖まらず、辛い…でも我慢できないわけではないし、厚手のタイツを履いたり、靴下を重ね履きしたりして乗り切る、そんな生活を送ってきました。
ある程度は仕方ないと諦めていました。

そんな冷え性を積極的に改善しようと思ったのは、30歳の時です。妊娠したことがきっかけでした。妊娠5ヶ月頃からお腹の張りがひどく、その原因として冷えを指摘されました。11月のことです。

まず試したのはレッグウォーマーと腹巻です。妊娠中なので締め付け感の少ないものを選びました。色々試した結果、加茂繊維の「着る岩盤浴BSFINE」とい商品に辿り着きました。繊維の中にブラックシリカを練り込み、遠赤外線効果で体を温めるというものです。
着てみると、まず薄手で締め付け感は全くありません。そして、じんわり体が芯から温まるので嫌な暑さが一切なく、快適に暖かいのに驚きました。寝ている時に着用しても、朝まで気持ちよく眠れます。
とても気に入り、今では夏は冷房対策、冬は冷え対策と年間を通して着用しています。

次に、漢方薬を飲み始めました。漢方外来を行なっている病院で処方してもらいました。処方されたのは、当帰四逆加呉茱萸生姜湯という漢方です。朝、起きた直後と昼食と夕食の食間、寝る前に、白湯で飲んでいました。この漢方薬が私には合っていたようで、冷えを感じることが減ってきました。
こちらも今も11月?3月くらいの間、処方してもらっています。今は1日に2回の服用でも快適に過ごせています。

寒い季節なので全く冷えない、というわけではありません。しかし、体が温まってきたのに足先だけがいつまでも冷たいという症状は改善してきました。分厚い靴下の重ね履きや着膨れとも無縁になり、快適に過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です